天皇杯サッカーについて

天皇杯サッカーについて

天皇杯全日本サッカー選手権大会は、日本最大最古のオープントーナメントで、第一回戦は九月に行われ、決勝戦は翌年の元旦に国立霞ヶ丘陸上競技場で開催されます。
高校生や大学生のアマチュアサッカーチームが、Jリーグのプロサッカーチームと戦える唯一の大会としても人気がありますが、プロサッカーチーム側は必ずしもベストメンバーを出場させないため、接戦になったり、格下と思われるチームが勝ち残るのも魅力です。
天皇杯全日本サッカー選手権大会は、2008年で第88回を迎えた由緒ある大会で、様々な変遷を経て、現在のスタイルになりました。
しかし、試合によっては開催地が遠く、サッカーファンが観戦に行きづらかったり、決勝近くの大会は年末になるため、帰省ラッシュとぶつかりがちになるなどの問題点もあるようです。
また、決勝近くまで勝ち上がってしまうと、その分シーズンオフが短くなり、翌シーズンへの悪影響も懸念されるので、選手の体調などを考え、主力選手ではなく、控えの選手を出すJリーグ所属チームも多い現状があります。
ですが、2008年大会からはAFCチャンピオンズリーグへの出場権が優勝したチームに与えられるようになったため、今後はもっと盛り上がるかもしれません。
1992年の第72回大会から2008年の第88回大会まで、優勝したチームは全てJリーグに所属するプロサッカーチームです。
決勝戦はどんなチームの試合になっても、国立霞ヶ丘陸上競技場が満員になるほど人が集まりますが、特に人気の高いチームが決勝に進出すると、チケット入手が困難になることもあります。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。