サッカーの個人技はどうやって練習したらいい?

サッカーの個人技はどうやって練習したらいい?

サッカーでは、個人技の際立った選手はやはり目立ちますよね。そんな選手に誰もが憧れるものです。このようなテクニックを身につけるには、どんな練習が必要でしょう。子どもたちの中にも、リフティング練習などを重ねている子も多いのではないでしょうか?個人技練習としてリフティングが行われるのは、自在にボールを操る能力を養うためとされています。リフティングでは、身体のあらゆる部分でボールの中心を捉えなければなりません。そのため、上達するにつれてボールの中心を肌で覚えるようになり、自然とボールコントロールが上達すると言われているのです。実際の試合中の個人技では、リフティングを行うチャンスなどありません。個人技が際立つと言えば、一般的にはドリブルやフェイントテクニックのことを指しています。これらのボール操縦テクニックを覚えるのにも、リフティング練習は効果的といえるでしょう。しかし、実際の試合中ではテクニックにプラスして状況判断力と瞬発力が要求されます。瞬発力を付けるには、何よりも体力的な基礎訓練が重要になります。中でも、下半身の筋力強化が必要不可欠なのです。つまり、個人技の上達において基礎体力訓練は絶対に外せないと言う事になります。特に子どもたちは、目先の技術だけに目が眩んで基礎体力訓練を疎かにしたり嫌う傾向がありますが、基礎体力なくして個人技上達はありません。そして、状況判断力に関しては、試合形式の実践練習で身につけるのが一番でしょう。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。