サッカーのパスの練習法って?

サッカーのパスの練習法って?

チーム競技であるサッカーでは、パスを上手に通すことが大変重要です。
パスの通りが試合を左右するといっても過言ではありません。
各個人のテクニックはもちろん大切ですが、テクニックで言えばパスを通すこともとても重要なテクニックだと言えます。
パス練習は相手あってこそのものです。
一人での練習ができないため、クラブや所属団体の練習など決められた状況でなければ練習ができません。
ですから、練習できるチャンスがあれば優先してパス練習を行いたいものです。
パス練習は、まず近距離からはじめていきます。
ともかく確実にパスを通すことが目標です。
近距離である程度の正確性が得られたら、徐々に距離を伸ばして練習しましょう。
また、自分がパスを送るばかりとは限りません。
チームメイトからのパスを受け取る事が出来なければ試合では有利に進みませんから、パスを受け取る練習も必要ですね。
むしろ、パスを出すより受け取るほうが技術的には高度といえるでしょう。
相手の送ったパスが必ずしも自分に都合の良い場所に来るとは限りませんから、そのパスを自分が蹴りやすいようにコントロールするトラップ練習も欠かせません。
トラップ練習は場合によっては狭い場所や一人練習も可能ですので、出来るだけテクニックを磨きたいものです。
本番では敵チームが邪魔に入りますから、自分たちの思い通りにはいきません。
個人技テクニックだけではなく、実践練習も非常に重要なことです。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。