少年サッカーの指導

少年サッカーの指導

少年サッカーの指導者は、色々な立場の方がいると思います。
例えば、子供がサッカークラブに入団して、多少サッカーの経験があるお父さんが、指導を頼まれるケースです。
この場合は、もちろん無資格でしょう。
資格を持った指導者がいないから、無資格の「お父さんコーチ」が指導しているのは仕方の無いことだと思われます。
この「お父さんコーチ」は、どうしても自分の子供には強い口調で注意してしまいがちです。
そうなると、他の子供達は不公平感を感じてしまうかもしれないですね。
それに、「お父さんコーチ」は自分の子供が辞めてしまったり、子供が小学校を卒業したから少年サッカーも卒業する時は、「お父さんコーチ」も連動して辞めてしまうでしょう。
そうなると、新たな「お父さんコーチ」を探すことになると思いますが、前任の指導方法と違っていたら、子供達もとまどってしまうかもしれません。
そうなってしまわないように、資格を持った指導者が一つの指導方針のもと、子供達に指導して行ったほうが、子供達もとまどうことなく練習に励めると思います。
指導者資格と言うのは6段階あり、少年サッカークラスの指導者資格ならば、D級ライセンスでいいでしょう。
これは、2日間の講習と実技を受ければ取得でき、12歳以下の子供達に指導できる資格です。
そのランクの下には「キッズリーダー」というランクもあります。
半日だけの講習と実技で取得できますが、こちらは10歳以下の子供達にしか指導できない資格ですので、注意が必要です。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。