少年サッカーの練習

少年サッカーの練習

小学生の練習に一番必要なことは、ボールに慣れ親しむことだと思います。
ボールに触れる機会をたくさん作り、ボールと仲良くさせることが大切です。
体力を養ったり、筋肉を鍛えたりすることは、この時期ではなく少年サッカーを卒業してからでも遅くはありません。
それに、各選手に見合った練習をすることも大切です。
色々な媒体から練習方法を見付けてくるのは良い事ですが、それが必ずしも全員に当てはまるかどうかはわかりません。
色々と試してみる必要はあると思いますが、選手達が未熟でその練習方法では難しかったり、その逆で選手達には物足りない練習方法かもしれません。
それを指導者は見極めて、練習方法を考える必要があります。
子供は、叱るだけではわかりません。
試合中などに「もっと前に蹴れ!!」とか「なんで、そこで蹴らない!!」とか怒っているだけの指導者や保護者が多くいます。
それでは、子供はわかりません。
何を怒られているのかわからないままになってしまい、結局その次の試合でも同じミスを繰り返してしまったり、怒られたくないので思いっきりプレーできない、なんてことになりかねません。
こういった場合は、試合中に怒鳴るのではなく、注意点を何かに書き留めておき、試合後や次の練習の時に、きちんと何が悪かったのか理由を説明し、同じミスを繰り返さないように練習メニューを考える必要があるでしょう。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。