少年サッカーのルール

少年サッカーのルール

少年サッカーは、基本的には大人がプレーする際のルールと同じ仕組みで構成・プレイされています。
ですが、大人と比べるとやはり、子どもは体が小さいですし、体力的な面にも配慮するとまったく同じでは厳しい所があります。
16歳以下の試合ではきちんとした規定などが設定されてい無いので、すべての試合においてそうだという訳ではありませんが、「全国少年サッカー選手権」のような公式戦の場合ですと、タッチラインやゴールラインの長さを短く設定されています。
他にも、ペナルティーエリア・ゴールエリア・センターサークル・ペナルティーアーク・ペナルティーマークからゴールラインまでの長さなども、短めに設定されていますし、ゴールにおいても、長さ5m・高さ2mと、ともに大人の物よりも小さくなっているのです。
ボールも5号球から4号球に変更されていて、周囲が62cm〜65cm・重さが300g〜350gとなっています。
競技時間も少年サッカーでは、大学生以上の場合が45分ハーフなのに比べ、15分ハーフや20分ハーフの場合が多く、選手にかかる負担がかなり軽いのです。
その他にも、水分補給タイムの導入やプレイ時間の短縮、柔軟な交代対応などなど、細かい点では子どもという事に配慮し、規定に違いをもたせたりと様々な面で工夫が凝らされています。
このような内容について、もっときちんと知りたい方は詳しい説明がホームページ上に解りやすく記載されているので、それらを参考になさってみてください。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。